ついつい見ちゃう2ちゃんねるまとめ

不定期についつい更新! アニメ、ゲーム、ニュースなど様々なジャンルを 無差別にまとめます、よろしくお願いします!

    ダイエット



    1 風吹けば名無し :2022/11/09(水) 22:08:57.70 ID:ccpwvJIK0.net
    まとめると

    マラニック
    サイクリング
    LSD
    プール
    他部位トレーニング
    HIIT
    インターバルトレーニング
    チンタラ走るより10キロを早めに走る
    体重的に膝がまずいから距離減らせ
    腹圧強化
    仕事しろ

    こんな感じや 見落としあったらすまんやで
    サンガツ

    【なんJで毎日20kmジョギングするための方法を聞いた結果wwwwwwwwwww】の続きを読む



    1 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします :2022/06/24(金) 17:11:35.060 ID:86GFE1U/d.net

    (出典 i.imgur.com)


    どっちを信じればいいの…???

    【林修「プロテインは飲むだけで痩せる」医者「プロテインは飲んだら死ぬ」】の続きを読む



    1 :2021/10/27(水) 11:32:46.97 ID:syFIYlZf0●.net BE:439992976-PLT(16000)


    (出典 img.5ch.net)

    肥満もたらす食欲を制御するタンパク質発見 沖縄科技大、マウスの実験で

    脳が食欲や代謝を制御するのに重要な役割をするタンパク質を発見した、
    と沖縄科学技術大学院大学の研究グループが発表した。

    このタンパク質が脳で欠けると食欲が旺盛になり、肥満となることがマウスの実験で明らかになったという。
    研究グループは多くの病気をもたらす肥満に対する治療法につながる可能性があると期待している。

    世界中で6億5000万人以上の成人が肥満とみられ、肥満は循環器病や2型糖尿病など多くの病気と関係している。
    このため国を問わず、肥満対策が重要な健康、医療問題になっている。
    研究グループによると、肥満は食物の摂取量とエネルギー消費の不均衡により起こるが、
    脳がどのように食欲や代謝を制御しているかについてはほとんど解明されていなかった。

    同大「細胞シグナルユニット」の山本雅教授や柳谷朗子研究員らは、
    メッセンジャーRNA(mRNA)分解の最終段階を制御し、遺伝子活性に重要な役割をしている「XRN1」というタンパク質に着目した。
    mRNAの分解速度によってタンパク質の合成量が増減するためだ。

    研究グループは脳(前脳)の一部でXRN1を欠損したマウスを作製して実験した。
    その結果、脳内にXRN1がないマウスは生後6週間で急速に体重が増え始め、生後12週までに肥満になった。
    マウスの体内の脂肪組織や肝臓などに脂肪が蓄積していることを確認できた。
    また、欠損マウスは、対照群の正常マウスと比べて1日当たりの摂食量が約2倍に増えていた。


    <つづく>

    <画像>
    「XRN1」というタンパク質が、脳内で食欲や代謝を制御するのに重要な役割を果たしていることを明らかにした研究のイメージ図
    (沖縄科学技術大学院大学提供)

    (出典 i.imgur.com)




    https://news.yahoo.co.jp/articles/8bbcc370535a73d91a8d8fd5f0be69e2b59b92fe


    【ファンケル 公式】大人のカロリミット 30回分 [FANCL ダイエット サポート サプリメント キトサン カロリー サプリ 健康食品 ダイエットサポートサプリ ダイエットサポート 大人 桑の葉 くわのは サポニン 女性 健康 男性 美容 機能性表示食品 おうち時間 けんこう ]

    価格:2,800円
    (2021/10/27 20:52時点)
    感想(310件)

    【【デブ朗報】食欲を制御するタンパク質発見!!!!!!!!!!!!!!!!!】の続きを読む



    1 すらいむ ★ :2021/08/11(水) 10:49:24.32 ID:CAP_USER.net

    脂肪を汗にして体から排出する新たな減量法が糖尿病の治療薬の研究で偶然見つかる

     もともとは糖尿病の治療薬の研究だったそうだ。ところが奇妙にも実験動物のマウスはギトギトと脂っぽくなり、体重がみるみる落ちていった。

     じつはそのマウスは、脂肪(皮脂)の汗を流して痩せていたのだ。『Science』(7月30日付)に掲載された研究では、そんなまったく新しい減量法につながる可能性のある発見が紹介されている。

    (以下略、続きはソースでご確認下さい)

    カラパイア 2021/08/10
    https://gunosy.com/articles/aoV2S


    【【ダイエット】脂肪を汗にして体から排出する新たな減量法が偶然見つかる!!!【真脂汗】】の続きを読む

    このページのトップヘ