ついつい見ちゃう2ちゃんねるまとめ

ついついまとめは、面白スレや、怖い話、感動系など多彩なジャンルで
暇な時間についつい見てしまうブログです。
あてもなくネットサーフィンしてしまうあなたにオススメです。

    ワクチン



    1 :2021/10/30(土) 07:15:46.48 ID:FPB/AXoC0●.net BE:509689741-2BP(6000)


    (出典 img.5ch.net)

    https://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000233486.html

    新型コロナウイルスの後遺症に悩まされる人が多いなか、なぜ後遺症が出るのか。最新研究が明らかになりました。

     全国的に減少傾向が続く新型コロナの感染者数。

     ワクチンの接種が広がり、治療薬の選択肢も増え、日常生活を取り戻す動きが始まっています。

     一方で、治癒した後に後遺症で苦しむ患者は多くいて、今月に出された最新の報告によりますと、感染から半年経っても4人に1人が後遺症に悩まされているという結果が出ました。

     京都大学・上野英樹教授:「今一番、体で調子が悪いのはどこですか?」

     後遺症に11カ月間悩む女子大学生:「鼻・・・嗅覚がやっぱ。ニン二クとか特定の物がすごく臭くなってしまっていて」

     倦怠(けんたい)感や嗅覚障害が1年近くも続き、臭いがきつすぎて食事ができない程だという大学生。

     「コロナ後遺症」は脱毛や抑うつなど人によって様々な症状が出ることは分かっていますが、後遺症に対する治療法は確立されていません。

     京都大学・上野英樹教授:「今、恐らく困っておられるのが診断もしっかりされない、治療も見つからないと、どこに行っていいのか分からないという現況があると思います」

     京都大学の上野英樹教授は先ほどの大学生や後遺症に悩む患者から血液を集めて分析し、画期的な発見をしました。

     まず、体にはウイルス感染した細胞と戦う「T細胞」と呼ばれる免疫細胞があります。

     そしてT細胞には複数の種類があり、オレンジ色の「ウイルス感染した細胞を排除するもの」と緑色の「その作用しすぎた役割を抑えるもの」が、後遺症が軽い患者よりも倦怠感が強い患者の方で多くなっていた事が教授の研究から分かったのです。

     京都大学・上野英樹教授:「新型コロナウイルスに感染した際に非常に強い免疫応答が起こって、それで『排除の細胞』が一気に出てきたけども、それがちょっと強すぎるのではないかと。強すぎるような反応が起こっために抑制(細胞)系が抑えようとするんですけど、車に例えますと、アクセルと同時にブレーキを踏んでいる様な感じで。免疫の乱れというふうに私たちは呼んでいる」

     つまり、2つの免疫細胞が同時に多くなり、免疫の調整ができなくなってしまったことが後遺症のメカニズムではないかと考えられます。

     また、嗅覚や味覚障害だけが残る患者については2つのうち「ウイルス排除細胞」が極端に少ないことも判明し、今後、診療や治療に役立てたいと話しています。


    新型コロナウイルス PCR検査キット 1個入 FUJIKON×にしたんクリニック pcr検査キット

    価格:14,850円
    (2021/10/31 12:04時点)
    感想(6件)

    【【朗報】京都大・新型コロナの後遺症のメカニズムを発見!日本凄すぎワロタwwwwwwwwww】の続きを読む



    1 :2021/10/19(火) 12:47:28.90 ID:fjxbJ+Bf0●.net BE:128776494-2BP(10500)


    (出典 img.5ch.net)

    日本のコロナ感染者数の急減は「驚くべき成功例」─英紙報道

    10/18(月) 18:28配信
    ニューズウィーク日本版

    ──ワクチン接種とマスク着用が貢献か。デルタ株固有の特性だとみる専門家も

    「日本では驚くべきことが起きた」とガーディアン紙

    国内の新型コロナウイルスの新規感染者数は現在、1日あたり500人から1000人程度で推移している。8月20日には2万5000人超を記録したが、それ以降急速な減少をみせてきた。ピーク時のおよそ2%にまで減少した計算になる。

    データ:世界の引っ越したい国人気ランキング、日本は2位、1位は...

    この劇的な変化について英ガーディアン紙が10月13日、『瀬戸際からの復活:日本が新型コロナの驚くべき成功例になった理由』と題する記事を掲載し、目を見張る状況の変化であると報じた。

    記事は8月前後の最悪期の混乱を振り返り、病床不足によって自宅療養を余儀なくされる人々が現れたと述べる。また、当時の菅首相が五輪開催を強行したために支持率の低下と退陣を招いたほか、首都近郊の緊急事態宣言を長期化させる要因にもなったとも論じている。

    そのうえで閉会後2ヶ月のあいだに「日本では驚くべきことが起きた」と述べ、東京都の新規感染者数が1日あたり49人にまで減少したことなどに触れている。49人という数字は、感染者数がまだ少なかった昨年6月以来の低水準だ。

    世界的に感染者数はゆるやかに減少しているが、同紙はイギリスなど一部の国と地域はいまだ高い水準に苦しんでいると述べ、目覚ましい改善が見られる日本と対比している。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/90555a85cf4fc1e5457e21be7208ec629ef994b9


    【【朗報】英国紙「コロナ激減の日本、凄すぎる」】の続きを読む



    1 朝一から閉店までφ ★ :2021/10/09(土) 17:46:48.11 ID:3qWgVx8r9.net

    2021年10月09日 10:53

    コンゴ民主共和国の北キヴ州にあるベニ市でエボラ出血熱の感染が再び確認された。現地紙「アクチュアリティ」が消息筋の証言をもとに報じた。
    報道によると、感染が確認されたのは20歳前後の男性で、既に死亡したという。

    ​コンゴ民主共和国の首都キンシャサでは8日、専門家らが出血熱の感染を確認した。これにより感染再拡大が証拠付けられた。

    コンゴ民主共和国政府は5月、エボラ出血熱の第12波が国内で終了したことを宣言していた。2021年2月に始まったこの第12波では少なくとも6人が死亡した。

    https://jp.sputniknews.com/life/202110098752874/


    【【国際】 コンゴで再びエボラ出血が再流行している模様・・・】の続きを読む



    1 風吹けば名無し :2021/09/28(火) 15:37:16.43 ID:p6srY/up0.net

    全身痛すぎて草😭😭😭


    【【悲報】昨日ワクチン2回目を打ったワイ、死ぬ】の続きを読む



    1 :2021/09/24(金) 08:16:25.77 ID:8/CrzAMz0●.net BE:509689741-2BP(6000)


    (出典 img.5ch.net)

    モデルナとファイザー「入院予防効果」に差が出る4か月後 アメリカCDC発表
    9/21(火) 16:44配信

    接種後14日から120日までの入院予防効果は、モデルナ製が93パーセント、ファイザー製が91パーセントと差はほとんどありませんでした。

    しかし約4か月以降、モデルナ製が92パーセントだったのに対し、ファイザー製は77パーセントに減少したということです。

    理由はまだ解明されていませんが、免疫を作るもととなる成分・mRNA(メッセンジャー・アールエヌエー)が、ファイザー製ワクチンよりもモデルナ製ワクチンに多く含まれていることなどが理由の可能性があるということです。

    札幌医科大学の横田教授に、ワクチンの入院予防効果の違いについて伺いました。

    「入院予防効果」と「重症化予防効果」はイコールではないので、重症化予防としてどのくらい有効なのか明確にされていないが、ファイザー製の約8割という数値で見ると、十分な効果が残っていると考えられるということです。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/183a14c14a388229a826350fde0ffe3f4fc888a2


    【【朗報】モデルナ大勝利確定っ wwwwww!!!!】の続きを読む

    このページのトップヘ